リケ女ママの特許翻訳
*

「翻訳済み」のはずが、「レビュー中」??(Trados)

(2017年12月11日)
Pocket
LINEで送る

Trados操作のメモとして書き留めておきます。

私は、Trados 2017を使用しているのですが、いつもはTrados 2017で翻訳作業を終えると、ステータスと進行状況の表示が、下記のようになります。

ところが、先日、すべてを翻訳して、編集画面を閉じて、ファイルの画面と見ると、ステータスが「レビュー中」で、進行状況が「0%」になっていました。

たしかに、数字漏れや訳漏れなど防止のために、レビュー画面で一括検証とかはしましたが、検証結果のコメントは確認して、すべて修正もしくはコメント削除したはずです。

というか、今まで、こんな状況になったことないのに・・・・。なんで??

もうレビューとかしていないのに、どうして「レビュー中」なの??
と思いながら、よく見てみると「未翻訳」のワード数がなぜかマイナスの数になっているではないですか(@@;)

 

未翻訳ワード数がマイナスってどういうこと??
これが、「レビュー中」になる原因なの??

ファイルの中身の文節は、実際にはすべて翻訳済みだし、気にしなくてもよいのかもしれないけれど、やはり気になる。。。。

いろいろ考えた結果、もう一度文字カウントしてみようと思い、

右クリック→「一括タスク」→「翻訳カウント」を実行してみました。

 

すると、「レビュー中、0%」ではなくなり、「翻訳済み、100%」となり、「未翻訳」もマイナスの数字がなくなって無事、「0」になりました。

おかしなときは、「翻訳カウント」をまず試してみるとよさそうです。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です