リケ女ママの特許翻訳
*

日本の特許文献番号の記載について

(2016年08月04日)
Pocket
LINEで送る

明細書中には、【先行技術文献】の項目があるのですが、
そこには、特許文献を記載することが多々あります。

ここで、日本の出願人であれば、日本の特許文献を先行文献とするとき
特開20??-??????号公報
特表20??-5?????号公報
などと記載しています。

ところが、外国の出願人の場合は、
おそらくespacenetなどでひっかかったであろう文献番号の記載が
原文である英文中などでJP20????????と記載されているせいか、
日本特許出願JP20????????とか、日本特許出願第20??-??????号
と訳されているのを見かけます。

JP20????????は本当は公開番号や、公表番号であるにも関わらず
このように「特許出願」と訳してしまうと
特許出願番号のように見えてしまいますよね。

特許公開番号、特許公表番号が付されているものには、
すべて特許出願番号も付されていますが
それぞれ、異なる番号です。

なので、
英文中にJP20????????という記載があった場合は、
特開20??-??????号公報
特表20??-5?????号公報
と記載したほうが誤解がないかなと思いました。

ちなみに、公開番号と公表番号の見分け方ですが、
西暦4ケタ-5ではじまる6ケタの数字
を有するものが公表番号となります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です