リケ女ママの特許翻訳
*

俺とお前。私とあなた。僕と君。

(2016年09月07日)
Pocket
LINEで送る

近頃、車で移動するときなどは、和佐・木坂ラジオを
ケータイからBluetoothでナビにとばして、聞いています。

私は、自分のことを「俺」、相手のことを「お前」と呼ぶ男性が苦手なのですが、
木坂さんは、まさに、このタイプ。

それゆえ、、聞き始めたときは、何だ!?この人!!!
といった感じででした。

でも、聞き始めると面白いんですよね、内容が。
言葉の引き出しの多いことったら。

私は昔から本を読むことがあまり好きではなかったので、
国語力に乏しい人間です。

なので、いろんな考え方やいろんな言葉がポンポンでてくる人の話は
とても面白いと感じる。

和佐さんは、やわらかい感じのしゃべりで
自分のことを「僕」という、
(私は、「僕」タイプの人が一番、安心する(笑))
このラジオではホッとする存在です。

うまく自分の意見を伝えながら、木坂さんの話を引き出している感じ。

凸凹なコンビに見えますが、なかなか良いです。

そんなこんなで、最近は、一人で車に乗るときは、いつも和佐・木坂ラジオです。

そういえば、管理人さんは、自分のことを「私」というタイプ??

スポンサードリンク

4 Comments »

  • 立場上、わたしと言ってますが、

    ときどき、僕と言ってしまってます。

    • >管理人さま

      基本「私」、ときどき「僕」、いいと思います。
      かしこまった表現から、急に身近に感じる瞬間ですね(^^)

  • 「俺」の女になれ。

    「僕」の彼女になってください。

    「わたし」の大切な人になってください。

    ケースバイケースかな。(^_^;)

    • >管理人さま
      ほー、なるほど。と思いました。
      「俺」、「僕」、「わたし」の3つの言葉の違いを表現したようなフレーズですね。
      さすがです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です