リケ女ママの特許翻訳
*

CVレビュー

(2016年09月18日)
Pocket
LINEで送る

昨晩、1回目のCVチェックを管理人さんにお願いし、
ドッキンドッキンしながら、眠りにつきました。

どんな罵倒をされるんだろう?と思うと、なかなか眠れませんでした。w
(眠れなかったのは、子供が何回も起きたせい(*O*)・・・)

朝、起きて、メールをチェックすると、
早速、CVレビューが届いていました。

はやすぎます、管理人さん。さすがです。

震える手で、添付ファイルをクリックすると・・・・

そこには、的確な指摘やコメントが
赤ペン先生のように記載されていました(^^)

コメントを簡単に紹介すると、

●分野はこれで良いが、もっと詳細に。実際にやった人でないとわからない表現で。
●翻訳実績がポイント。
●特許翻訳に関係ない部分は書かない。
●自己PRは箇条書きで簡潔に。
●翻訳環境も、もっと詳細に。

翻訳実績の部分は、まだ書けるようなものがあまりなかったにしても、
これって、ビデオセミナーでも何度も言われていることですよね。

私も今回のCV作成する際に、そういった点を注意しながら、
対応分野のつながりマインドマップを作成したりして、
自分なりに詳細に書いたつもりではいたのです。

でも、それはあくまで自分なりの詳細であって、
相手に「この人できそうだわ」といったことを伝えられるような「詳細」にはなっていないことに気づかされました。

つもり・・・つもり・・・って
つまりは、実際に書いてみると難しいし、
実際に書いてみないと、問題も明確にならないことも痛感しました。

あと、いろいろ見てまわっていたときに、
「CVはワード2枚以内にまとめなきゃ」的な思いが自分の中にあったのですが(何でだろ?)
特に2枚以内とかは、気にしなくて良いみたいです。

次は、赤ペン部分を減らせるように
翻訳実績を増やすべく、取り組んでいきたいと思います。

出口を見据えての勉強をするには、
やはり、CVチェックをはやい段階でやってもらうのが得策だと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です