リケ女ママの特許翻訳
*

なつかしい分野

(2016年10月13日)
Pocket
LINEで送る

大学の頃、所属していた分野についても明細書を読んでみようと思い、
(と言っても、私は学士卒なのでほとんど専門的なことはやっていない・・・・)

かなりピンポイントにはなりますが、
大学に残っている同級生の名前やら、先輩の名前やらをJ-PlatPatの発明者の欄に入力し検索してみました。

すると、何件か公報を発見できました。

聞きなれた言葉や、手法なども多く、全然読みやすいなーと思いながら読みました。

が、Espacenetで検索すると、ほとんど外国への出願はされていませんでした。

残念・・・・。

産学連携の波が大きくなったと言っても、
企業の出願に比べて、大学が出願人の発明は製品化に遠いし、
分野によっても違うし、
まぁしょうがないかぁ。

と思いながらも、周辺技術を調べると、
米国出願人からも日本の出願人からもそこそこ出願されていました★

なので、それで対訳収集してみようと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です