リケ女ママの特許翻訳
*

レバレッジ特許翻訳講座を申し込む

(2016年07月02日)
Pocket
LINEで送る

特許翻訳者になるといっても、どうやってなればいいのか?

いろいろと見て回る中、レバレッジ特許翻訳という講座と出会い300本の無料ビデオセミナープレゼントにまずは応募。

ビデオセミナーを初めて見たときの管理人さんに対する感想は、
「ブログの書き方よりもマイルドな人」でした。

確かに、管理人さんは厳しいことを言っており、若干お説教じみた感じもしました(すみません!)

ただ、管理人さんは特許翻訳の知識だけでなく、理系知識~特許そのもの知識もよく知っていらっしゃる。

そして、なんといっても、そのビデオセミナーの圧倒的な質と量。

おまけに化学や物理の基礎講座まである。

現時点でビデオセミナーは1400本超え(+化学、物理も200本超え)とのこと。

しかも、具体的な勉強方法、翻訳ソフトに関する知識や操作方法まで豊富で

特許翻訳者として稼ぐためのエキスがちりばめられている印象を受けました。

だから、このビデオセミナーを軸に短期間で特許翻訳者になるまで走り抜けたい!

と思えたのです。

とはいうものの、2人の子持ちなので、平日帰宅してから夜眠るまで、勉強時間を確保することは困難・・・

夫も平日の夜は仕事が忙しく、ほぼサポートはなし。

さて、どうするのか?

そこで、この無料ビデオセミナー300本を見る間になんとか、勉強リズムを確立させたいとの思いで、ここ2、3か月間考えていろいろ実践してみました。

どのように時間を捻出して、その時間を実りあるものにするか?

答えは、やっぱり、早朝です。

子持ちワーキングマザーにはこの早朝の時間しかない!

この数週間で、特許翻訳者になるという決心のもと、学生時代から今まで完全夜型だった私が、完全朝方に切り替えることに成功しました。

これって自分にとって本当にすごい変化なんです。

そして、講座をはじめるのであれば、フル装備で。

ということで、U63コースの申し込みを決断。

本当に朝に弱く、大学受験勉強中でも絶対に朝型にできなかった私が・・・・

自分でもびっくりですが、それくらい本気です。

土日も子供の習い事や、行事で忙しいですが、

管理人さんもここ最近まで、会社勤めをしながら、翻訳やセミナーの切り盛りをしていたとのこと。

子供が2人いるワーキングマザーだからって甘えてられない!

なんとか細切れ時間も活用しながら、

あとは、幸い知財部門勤務のため、実務での明細書の読み込みも活かしながら

駆け抜けたいと思います。

本日からスタートします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です