リケ女ママの特許翻訳
*

J-Platpatでも欧州・米国特許が検索できます。

(2017年09月07日)
Pocket
LINEで送る

欧州特許や米国特許を検索する際、多くの人が、Espacenet(欧州)やUSPTOで検索していると思います。
レバレッジ特許翻訳講座で必須とされている、Estorageも、Espacenetを基本としたものとなっています。

もちろん、私もEspacenetやUSPTOで検索することが多いですし、使い慣れてはいるのですが、メンテナンスなどの時のために、他の方法も覚えておくのは悪くないですよね。

そんなわけで今日は、「J-Platpatでも欧州、米国・・・に加え、WIPO、中国特許etc..なども検索できますよ~。」というお話です。

 

 

外国公報DBへのアクセス方法

①まずは、J-Platpatのトップページ左上の「特許・実用検索」から外国公報DBへ。

②すると↓こんな画面が出てきます。デフォルトは、アメリカ、EPO、中国ですが、これ以外のものを検索したい場合はプルダウンメニューから選びましょう。
また、一度にたくさんの公報を調べたい場合は、右下の「追加」をクリックすると、検索行が増えます。

 

 

外国公報DBでの検索方法

 

 

③例えば、
米国登録:US8901058、欧州公開:EP2264138、国際公開:WO2010147933
を検索してみたいと思います。
下記のように入力しして照会ボタンをクリック。(国際公開は西暦4ケタ+6ケタの番号になるように)

 

 

④すると、下記のようなリストが表示されるので、該当リストをクリックしましょう。

 

ここでは、残念ながら、左上の和文抄録はクリックできませんが、ここがクリックできる場合は、和文抄録も存在するので参考になります。

 

 

 

テキスト表示タブをクリックすると、テキスト表示もできます。

いかがでしょうか。
ただし、J-Platpatの検索結果からは、複数ページのPDFを1ファイルで出力できる機能はまだない様子です。
しかし、日本語で使いやすいということもありますし、1つの手として覚えておいても損はなさそうです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です