リケ女ママの特許翻訳
*

王様椅子・・・ついに決めました!

(2017年09月18日)
Pocket
LINEで送る


レバレッジ特許翻訳講座でも椅子の重要性については、いつも語られていますが、勉強段階では、なかなか高い価格帯の椅子には、手が出せずにいました。

また、勉強段階では、長い時間座っていても、ビデオを見たりする時間や、ノート作成などの時間もあり、そういった場面で、椅子の重要性を感じることは少なかったように思います。

なので、特許翻訳としての収入がある程度見込めるようになってから、自分のとっておきの王様椅子を購入しようと心の中で思っていました。

最近、ようやく仕事としての翻訳を長い時間するようになり、特に長い時間座るようになって、椅子の重要性をひしひしと感じるようになりました。

そして、今、使用しているのが、ボロボロになってきて座り心地もイマイチなため、このままでは、業務効率低下にもつながるとおもい、王様椅子を購入しよう!とついに決断しました。

いろいろ調べて、講座でオススメの「コンテッサ」と、あとは気になっていた「エルゴヒューマン・プロ」「バロンチェア」あたりも含めて、座って決めようと思い、この三連休にさっそく家具屋さんにいってきました。
家具屋さんにいろいろ聞きながら、全て座ってきました。

 

王様椅子は、必ず座り心地をたしかめて買うべし!

まず座ったのは

エルゴヒューマンプロ

色は↓のものがいいなぁと思っていましたが、その色には遭遇できず、家具屋さんでは他の色のチェアに座ってみました。

価格帯も10万弱で、コンテッサの3分の2ほどのお値段で、座面の腰の部分のデザインも良さそうに見え、家具屋さんに行くまでは一番候補だったのですが・・・
座った瞬間、「???私には、座面がカタすぎるかも?腰あての部分もカタくて何だか気になる。。。」という印象で、私にはしっくりきませんでした。
かっこよくて、一緒に見に行った夫は見栄えもカタさも気に入っているようでしたが。

男性には良さそうな感じ??かな?
 

で、次に座ったのが講座でもオススメしている

コンテッサ



これは、座った瞬間、「お、いいぞ♪しっくりくるかも?なんか、座面のカタさや背もたれのカタさも丁度よくて体になじむ~。肘おきの裏の操作部分も使いやすい。」という印象で、かなり気に入りました。

 

3番目に座ったのが、

バロンチェア



これは、座った瞬間、「悪くないな。でも、さっきのコンテッサの方が、広めで、カタさも丁度良かったかも。。」という印象でした。

 

 

そこで、8割がたはもうコンテッサに決めちゃおうかな?と思っていたのですが、すぐ横に

コンテッサ・セコンダ

なるものが。これは、コンテッサIIで、コンテッサの新しいバージョンです。

座面がクッションタイプのものだったせいか、セコンダじゃなくてもいいかな?という印象。

 

で、いろいろ比較検討した結果、すわり心地を最優先し、最終的には、「コンテッサ」に決定!
色もいろいろ選べたのですが、赤が、なかなか落ち着いたおしゃれな感じの良い色だったので赤に決定。
で、座面はメッシュタイプ(クッションタイプより、私にはメッシュタイプのほうがしっくりきた)。

黒ならすぐに届けてもらえそうだったけれど、色はやはり重要なので、赤に。
少し時間がかかるけれど、楽しみに到着を待ちたいと思います。

椅子は、本当に座ってみないと、だめだと思いました。
ネットショッピング大好きな人も、この王様椅子だけは、絶対すわって決めた方がよいと思います(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です