リケ女ママの特許翻訳
*

新しい分野の新規案件

(2017年10月06日)
Pocket
LINEで送る

久しぶりになってしまいました。

9月は、子供たちの運動会など、イベントもたくさんあって大変でしたが、元気にしています。

前回、5社目のトライアル合格→登録 のブログ記事を書いた後、

<ビデオ>

2002_勝利の方程式(50)

2013_らせん階段の登り方

2014_トライアル合格後に仕事が来ない場合

2022_勝利の方程式(52)

1957_翻訳祭・2017について

などを視聴しました。

2013_らせん階段の登り方 のビデオでは、私の9月21日のブログ記事について管理人さんからコメントをいただいてたので、その後、今やるべきことを書き出したりしていました。

●次のクォーター(四半期)で何をやるべきなのか?

●自分にとって、高レートとは何円なのか?

●何ワード、何件くらいをこなして、どれくらいの年収を目標にするのか?

など、書き出していた中、別の会社から新規案件をいただきました。

自分にとっては、目新しい分野だったのですが、内容も面白そうな上に時間設定もきつくなかったので、もちろん受けました。

社名や発明者などの検索から、物質違いの近い技術に関する特許を発見したので、まずは、それの対訳をとりつつ、その技術について勉強しながらマインドマップを作成しました。

そこから、訳し始めたのですが、調査&対訳のおかげで、初めて原文を見た時よりもかなり訳しやすくなりました。

そして、この分野もなかなか面白いです。

何よりも役に立っているのは、勉強時代にいろんなサイトの用語集から作ったTrados用の用語ベースです。

ビデオでも、用語集については管理人さんが「どぶさらい?」しておくといいようなことをおっしゃっていましたが、今回ほど、この用語集をつくっておいて良かったと思ったことはないです。

今回、Tradosに組み込んでいる用語ベースは、レバレッジ特許翻訳講座付属用語集を含め6つあるのですが、どれも信頼のあるサイトから得た情報をエクセル加工して作成したもので、各ファイルには、その出所を表記しています。

これがまた使いやすいのです。(ある用語の訳をあてた場合、どれを根拠にしたのかもわかるため)

現在、ほぼほぼ訳し終えたのですが、これを納品した後は、この分野の勉強も広げていきたいなと思っています。

そして、用語集もどんどん増強していかねば。

前回そこの会社から受けたものよりもボリュームアップしていたし、ここは前向きにとらえて頑張っていきます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です